ブログ

Unity入門講座[3]オブジェクトに重力をつける/バウンドさせる

(1)物体に「重力」を付ける方法

今回は「Ball」に重力をつけてみましょう!

①「Hierarchy」という場所を探してください。

②「Hierarchy」の中で、重力を付けたい物体(今回はBall)を選択

③「Add Component」(読み方;アド・コンポーネント)をクリック

④「Physics」(読み方;フィジクス)をクリック

スクリーンショット 2015-10-05 17.11.54

⑤「Rigidbody」(読み方;リジッド・ボディ)をクリック

スクリーンショット 2015-10-04 0.55.21

⑥「Use Gravity」(読み方;ユーズ・グラヴィティ)にチェックが入っていることを確認

スクリーンショット 2015-10-05 20.13.55

これで、Ballに重力がつきました。

確認してみましょう。

⑦「再生ボタン」をクリック。ゲームシーンに切り替わります。

ボールが落下したら成功です。

スクリーンショット 2015-10-05 20.20.46

もう一度「再生ボタン」を押すと、開発モードに戻ります。

次は、ボールをバウンドさせてみましょう。

 

(2)物体を「バウンド」させる方法

落下した「Ball」が跳ねる(バウンドする)ようにしてみましょう。

①「Assets」フィールドの余白を「右クリック」

スクリーンショット 2015-10-05 20.53.10

②「Create」を選択

③「Physic Material」(読み方;フィジック・マテリアル)をクリック

スクリーンショット 2015-10-05 20.59.33

④名前を「Ball」に変更

スクリーンショット 2015-10-05 21.01.05

⑤「Bounciness」(読み方;バウンシネス)の値を変更する。

・最初は「0」になっています。

・数字が大きい程、バウンドする力も強くなります。

・最大の数字は「1」です。

スクリーンショット 2015-10-05 21.02.33

⑥物体の「Ball」にドラッグ&ドロップする。

スクリーンショット 2015-10-05 21.16.41

⑦「Ball」の中に適用されたことを確認する。

⑧「再生ボタン」を押して実行。

スクリーンショット 2015-10-05 21.18.10

ボールが落下してバウンドしたら成功です。