ブログ

(Unity2019)オブジェクトの大きさを変化させる。

(1)スクリプトを作成する

・あるオブジェクトに触れるとボールの大きさが変化する仕組みを作ります。

・新規に「C#スクリプト」を1つ作成してください。

・名前は「ScaleChange」に変更してダブルクリック

・コードが書けたらチェック

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class ScaleChange : MonoBehaviour
{
    // 大きさをInspector上で自由に設定できるようにする
    public Vector3 scale;

    private void OnTriggerEnter(Collider other)
    {
        other.gameObject.transform.localScale = new Vector3(scale.x, scale.y, scale.z);
    }
}

(2)オブジェクトを作成する

・オブジェクトを1つ作成してください(形は自由)

・名前を「ScaleChange」に変更しましょう。

・「色」「大きさ」「場所」は自由に設定してください。

 

・スクリプトをオブジェクトにドラッグ&ドロップ

「Is Trigger」にチェックをいれる。

「Scale X,Y,Z」に好きな数値を入れましょう。(ここの数値を変えるとボールの大きさがどのように変化するか試してみましょう。)

・これで準備が完了です。

・ボールを「ScaleChange」オブジェクトにぶつけてみましょう。

・ぶつかった瞬間にボールの大きさが変化すれば成功です。