ブログ

キッズ・プログラミング上達のコツ1;手を動かす!

プログラミングにはいくつか上達のコツがあります。

その1つ目は、実際に手を動かすこと。

残念ながら、本を読む「だけ」、動画を見る「だけ」ではプログラミングは上達しません。

本を見ながら、

動画を見ながら、

実際に手を動かしてプログラミングする(コードを書く)。

これが絶対に必要です。

ある意味、プログラミングというのは「手が覚えるもの」と言える部分があります。

これは大人だけでなく、子供でもまったく同じ。

教室には色々なタイプの子供達がいますが、

上達が早いのはやっぱり「手をどんどん動かす」子です。

ただし、やみくもに早く動かす必要はありません。

ゆっくりでいいんです。

ゆっくりでも手を動かせば、しっかり身についていきます。

ゆっくり学んでいきましょう!