【初心者限定】Unity・VR開発講座

VRに興味のある方、Meta Quest 2を使ってVR開発を学びたい方におすすめの「VR講座」についてご案内します!


本講座の特徴

  • 社会人対象:仕事でVRの知識が必要な方、将来的に必要になりそうな方に最適です。
  • 初心者歓迎:Unityやプログラミングが初めての方も安心して参加できます。
  • 使用デバイス:Meta Quest 2を使用して、最新のVR技術を体験しながら学べます。

※本講座は「Unityの基礎内容」も含みますが、「Unityも全く初めて」という場合には、Unity1日集中講座(基礎編と応用編)を最初にご受講されることをおすすめします。


講座の内容

Unityを使ったVR開発の基礎を1日で集中的に学びます

  1. 第1部:Meta Quest 2の新規プロジェクト作成
    • Unityの基本操作
    • VR空間内のオブジェクト作成と操作
    • 簡単なプログラミングでオブジェクトを動かす
    • 作成したプロジェクトをMeta Quest 2で再生する方法
  2. 第2部:Meta Quest 2のコントローラ入力
    • コントローラの特徴と操作方法
    • プレーヤーの入力を取得するプログラムの作成
    • VR空間内での移動と視点変更の実践トレーニング
  3. 第3部:VR空間内でイベント発生
    • レーザーポインターの作成
    • VR空間内のオブジェクト操作
    • レーザーポインターを使ったボタン操作の実践

※本講座では『Meta Quest2を使ったVR開発』の基礎を学びます。『Meta Quest2以外のVRデバイス』については対応していませんのでご注意ください。


対象

大学生以上の方ならどなたでもご参加いただけます。

  • VRがお仕事で必要になった方、または今後必要になりそうな方
  • ネットや書籍よりも短期間で効率的にVR開発を体験したい方
  • 大学の卒業研究論文等にVRを使う予定がある方
  • Unityを使って自分でVRゲームを作ってみたい方 など

※VR開発及びプログラミングは初心者の方を対象としています。


受講のメリット

  • 少人数制:質問がしやすく、理解を深めやすい環境です。
  • 効率的な学習:独学よりも短期間で効率的に学べます。
  • 実践的なスキル:講座内でプロジェクトを作成し、実践的なスキルを身につけます。

タイムスケジュール

  • 9:00−11:30 第1部
  • 11:30−12:30 昼食休憩
  • 12:30−15:00 第2部
  • 15:00−17:00 第3部

※随時、途中休憩を行います。


参加費

  • VR編:28,000円

※参加費にはレッスン代、資料代が含まれます。

※支払いは「請求書+銀行振込」のみ(クレジットカード不可)。

※講座開催日に請求書をPDFで発行(お支払い期限は講座開催日の翌月末)


ご用意いただくもの

  • パソコン
    • 事前に「Unityのセットアップ」をお願いします(手順は別途メールでご案内)。
  • Quest2
    • 事前に「開発環境のセットアップ」をお願いします(手順は別途メールでご案内)。

※パソコンとQuest 2の貸し出しが可能です(無料、台数制限あり)。希望する場合は申し込み時に「貸し出し希望」とご記入ください。


会場

  • monopro プログラミング道場
    • 東京都文京区音羽1-17-11 花和ビル503
    • 東京メトロ 有楽町線・護国寺駅 徒歩2分

開催スケジュール

  • 6月21日(金)9:00-17:00 受付中(Quest 2の貸出残り2台)
  • 7月19日(金)9:00-17:00 受付中(Quest 2の貸出残り2台)

※基礎編・応用編の開催スケジュールは「こちら」よりご確認ください。

ぜひこの機会に、Meta Quest 2を使ったVR開発の世界に飛び込んでみませんか?初心者の方でも安心して学べる充実の内容で、皆様のご参加をお待ちしています。


 お申し込み

*ご注意

「Gmail」にてご案内をお送りしますので「Gmailを受信できるアドレス」のご記入をお願いします。

Quest2の貸出をご希望の場合には「メッセージ欄」に「貸出希望」とご記入ください。(同時にパソコンもご用意します)

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    参加希望コース (必須)

    請求書の宛名 (必須)

    メッセージ本文

    上記の内容でよろしければ「送信」ボタンを押して下さい。
    (*送信ボタンを押しましたら送信完了まで少しお待ちください。)

     


    (Unityの紹介)