ブログ

Unityで360度動画を見る方法(Unity2018.1.0)

<Video Playerを準備する>

・まずはUnityに動画をインポートする。

  1. 「Hierarchy」で「Create Empty」を1つ作成
  2. 名前を「Movie360」に変更

  1. このオブジェクトにインポートした動画をドラッグ&ドロップする。
  2. すると、「Video Player」というコンポーネントが設定されます。

 

<Render Textureを準備する>

  1. 「Assets」の余白で右クリック→「Create」→「Render Texture」を選択してクリック
  2. 名前を「Movie360」に変更

  1. 作成した「Movie360」テクスチャレンダーを選択
  2. 「Size」を「動画の大きさ(サイズ)」に合わせる。
  3. 「Depth Buffer」は「No depth buffer」に変更

<マテリアルを準備する>

  1. 「Assets」の余白で右クリック→「Create」→「Material」を選択してクリック
  2. 名前を「Movie360」に変更

  1. 作成した「Movie360」マテリアルを選択
  2. 「Shader」タイプを「Skybox」の中にある「Panoramic」に変更する。

  1. 出現した空欄に「Movie360」テクスチャレンダーをドラッグ&ドロップする。

<Skyboxを準備する>

  1. 「Main Camera」を選択
  2. 「Add Component」ボタンを使って、「Skybox」コンポーネントを付ける。

  1. 空欄に「Movie360」マテリアルをドラッグ&ドロップする。

<Video PlayerにRender Textureを設定する>

  1. 「Movie360」オブジェクトを選択
  2. 「Video Player」コンポーネントの中にある「Target Texture」に「Movie360」テクスチャレンダーをドラッグ&ドロップする。

 

*これで設定が完了です。

*このあと、Oculus Goにビルドすると、VR空間内で360度動画を体験することができます。