方針

プログラミングで想像力と創造力の養成

キッズ・プログラミング道場では、プログラミング学習を通して、子供の想像する力と、想像した物を形にする力を養います。

プログラミングとは、「イメージを形にすること」です。だからこそ、優秀なプログラマーになるためには、「イメージする力」と「それを形にする力」の両方が必要になってきます。言いかえれば、「想像力」と「創造力」。

この点、子供の想像力の豊かさには素晴らしいものがあります。

2日目の画面写真

例えば、楽器アプリを作る時。楽器の絵をタップすると音が鳴る仕組みですが、その「音」を何にするかは自由です。この時、最初に考えるのは絵と対応した音を選ぶこと。シンバルの絵にはシンバルの音、ドラムの絵にはドラムの音というように。しかし、想像力が豊かな子供たちはもっと自由な発想をします。

例えば、その絵が動物のように見えるということから、「動物の鳴き声がいい!」なんて発想をします。絵をタップしたら「ガオーーー!」って想像しながら、プログラムを組んでいきます。そのため、完成した楽器アプリは、「楽器」+「動物園」というユニークなものに進化します。

この子供の豊かな想像力を具体化するためのスキルがプログラミングです。キッズ・プログラミング道場では、プログラミング学習を通して、自分の「発想」を「形」にする方法を学びます。