ブログ

(Unity2020)BMI計算機をつくる(その1)条件分岐の練習

(1)下準備

  • Create Emptyを作成
  • 名前を「BMI」に変更

(2)スクリプトの作成

  • 新規にC#スクリプトを作成
  • 名前を「BMI」に変更
  • 下記のコードを書いてチェック

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class BMI : MonoBehaviour
{
    public float weight;
    public float height_cm;
    private float height_m;
    private float result;

    void Start()
    {
        // 身長をm換算に修正
        height_m = height_cm / 100;

        // BMIの計算式
        result = weight / (height_m * height_m);

        // 結果をConsole画面に表示
        print("BMIは、" + result + "です。");

        // 肥満判定をConsole画面に表示
        if (result >= 40)
        {
            print("肥満度4です");
        }
        else if(result >= 35)
        {
            print("肥満度3です");
        }
        else if(result >= 30)
        {
            print("肥満度2です");
        }
        else if(result >= 25)
        {
            print("肥満度1です");
        }
        else if(result >= 18.5)
        {
            print("普通体重です");
        }
        else
        {
            print("低体重です");
        }
    }
}

(3)設定

  • BMIオブジェクトにスクリプトを追加
  • Inspectorから「体重」と「身長」を入力したらゲーム再生

 

  • Console画面にBMIの計算結果と肥満判定が表示されれば成功です。