ブログ

Unityゲームプログラミング〜小学生・中学生のためのUnityスクール(文京区)

(1)Unityをはじめよう!

Unityはゲームを作ることができる開発エンジンです。シンプルなゲームから、本格的なVR(バーチャル・リアリティ)ゲームまで、このソフト1つで開発することができます。

しかも、直感的な開発画面のおかげで、大人だけでなく小・中学生の子供でも自分でゲームを作ることができます。

まずは、最新のUnityを手に入れてみましょう。Unityには無料で使用できるコースが用意されています。なお、セットアップ方法はこちらにまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

Unityのセットアップ方法


(2)まずはシンプルなゲームを作ってみよう!

Unityを使えば、ドラゴンクエストのような凄いゲームだって作ることができます。

が、最初からそんな大作を目指すと大抵の場合挫折します。

まずは、シンプルなゲームを作ってUnityに慣れてみましょう。

おすすすめは、オブジェクトを3つくらい作って、それらをプログラミングで動かすもの。

例えば、下記のコインはコードをたった「1行」加えるだけで動いています。


(3)できることを1つずつ増やしていこう!

大作ゲームも実は1つ1つの「基本の積み重ね」だったりします。

1つできることが増えると、それを「応用」して他のこともできるようになります。

まずは、Unityで自分ができることを1つずつ増やしていきましょう。

例えば、下記のゲームの中には次のような要素が詰まっています。

(*ここで紹介しているゲーム要素は、『キッズ・プログラミングコース』のカリキュラムに含まれています。)

①動く床

②ジャンプする床

③ワープする床

④乗ると落ちる床

⑤追いかけてくる敵

⑥タイムアタック

⑦体が小さくなるアイテム

スクリーンショット 2015-12-11 18.03.11